キャッシング申し込み時の職場連絡なしと個人事業主について

在籍確認は職場連絡が行われるものです

消費者金融のキャッシング審査は、銀行などと比べると緩めと言われているのですが、消費者金融のキャッシングに申し込みを行うと職場に連絡が入り、申込書に記載をした会社に勤めているかどうかの確認をしてきます。
職場連絡なしと言う場合には、会社に電話をしてくる事はありませんが、収入証明書類などを提出しない場合などでは、申込書に記載を行った会社に勤めていて、一定の収入が在るのかどうかの審査を行う時に職場に連絡をしてくると言った特徴が在ります。

但し、電話をかけてくる時には消費者金融会社の社名を名乗るのではなく、電話をかけて来る担当者の個人名で電話が入るため、消費者金融を利用してお金を借りていると言ったことを知られる事は在りません。

個人事業主の場合は職場連絡なしになるのか

消費者金融のキャッシングの多くは、年齢が20歳以上で、安定した収入が在る事で申し込みが可能になっており、アルバイトやパートなどの場合でも、収入が在ると言う事が証明できる事で審査に通り、お金を借りる事が出来るようになっています。
また、個人事業主の場合も、事業性資金としての利用をすることは出来なくても、プライベートで利用するお金を借りることが出来ます。
尚、個人事業主の場合も、職場連絡なしで融資を受ける事が出来るケースが在りますが、職場連絡なしと言うのは、年収を証明することが出来る書類を提出するなど、現在の収入を証明し、一定の収入を得ている事を証明できる事で職場連絡なしで申し込みが出来るケースが在ると言われています。